スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類はどこまで速い球を投げられるか

えーども、管理人です。
お絵描き滞ってますね、でもマイペースでまったりがうちの店ですw

またまた野球話になっちゃいますが、yahooニュースで
気になった記事を見つけたのでちょっとだけお話を・・・

人類最速の球についてちょびっと話しますです。
追記からどうぞー


あ、拍手返信も

>>ホッシー君
よぅ見つけたね!すっげえよ!
確かに報道ステーションでは無いけど・・・w
こっちだと解説の声も入ってるから、余計に聞きにくいけど
確かにもの凄く神経を使って聞けば入ってた!
けど他の人は「聞こえない」って意見が大多数でしたw
以前、ストレートの球質とノビについても少しお話しましたが
今回は体感速度ではなく、実速度です

今年の4月、WBCキューバ代表のチャップマン投手が
大リーグで106マイル(約170キロ)を出した事で大変な騒ぎになりましたが
テレビ中継や大リーグ公認の解析機だと、やはりバラつきがあったようで・・・
(まあ、最低の数字をとっても102マイルで約164キロだけどさw)

と、こんな話をしていたら浮かび上がるのは1つ


「人類はどこまで速い球を投げられるのか」


マシンなら、もちろんの事やろうと思えば200キロなんて
トンデモなスピードを出す事は可能ですが
アメリカのスポーツ医学のセンセによると
どんだけトレーニングとかで体格をよくしても限界はあるそうで


もちろん、トレーニングに限界が無いなんて事は常識ですが
どれだけ鍛えてもどうしようもない要素があるみたいです


筋肉とか、体の使い方はトレーニングをする事によって
誰にでも身に付いてきますよね。むしろコレがまず第一条件。
トレーニングしなければ120キロだって人間大変なんですからw

後は体格や腕の長さ
これは生まれ持った要素の部分もデカいですが・・・
ファイターズのダルさんとかはこのあたり恵まれてますね
(もっとも、ストレート以外の球種もエグイけど・・・w)


この二つがかみ合うのは運が良ければ誰でも可能です。
しかし、それを支える靭帯や腱の強度には限界があるようで・・・

普通の生活をするだけならいざ知らず
スポーツの複雑な動きに加えて
とんでもない速度の球を出す為のパワーを支えるなんて
確かに人類じゃほぼ不可能です。

いかに強力な大砲を持っていても、土台が軟弱なのと同じ事になっちゃいます。
これらがあるので、人類の限界は100マイル強ぐらいまでが
人類の中では限界だと言われているようでっす。

というか日本人で170キロなんて、ほぼ0%に近いですよ・・・w
パワポケとかゲームじゃないとまず無理っすよ・・・
日本人で170キロを出す人がいつか現れたら大騒ぎでしょうね

ボク個人としては、日本人の限界は160キロ前半じゃないかな・・・と
思い切って投球だけでなく、やり投げとかといった
クロストレーニングをフル活用してこそ出せると思います
※クロストレーニング・・・
  要は別のスポーツの似たような動きでトレーニングする方法っす

あ、ちなみに管理人はMAX110キロです。170キロなんて無縁ですよ!w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野球小僧monjya

Author:野球小僧monjya
駆けだし創作師です。あんな事やこんな事がたくさんですw

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。