スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワポケ英雄交争記ネタ その11

※この作品は、パワポケスタジアムさんで行われているお祭りネタです
 オリジ要素満載なので、苦手な方は閲覧に注意して下さい



(ギィイイ・・・)

ヤ「こ、ここか・・・?」

(あらら~、もう来ちゃったんだ
 まだ準備が足りなかったのに・・・
 せっかちな人は異性にもてないヨ!)

ジ「お前が魔王か」

チ「ピンポーン!あたしがこの城の主の
  チハヤちゃんで~すv」

ジ「んー・・・なあ、チハちゃんや」

チ「あら、あんたトウヒ並みに軽いのね
  まあいいけど、なに?」

ジ「戦うのメンドイから、降参してくれへん?
  お願い事叶える時にチミのお願いも
  一緒にトラのおっちゃんに頼んであげるさかい」

(バキッ!!)

ヤ「アホ!!!どこの世界に魔王にウマイ話持ちかけて
  騙そうとする勇者がおんねん!!
  ここは「お前の悪事は許せねえ!!」とか言うて
  カッコ良く叩きのめすシーンやろ!!!」

ジ「いや、無駄な殺生は極力避けたいかと」

チ「あははははははははははは!!!!
  あんた、最高にバカね、ホントバカ
  でも気にいっちゃったよ」

ヤ「うそぉ!?」

ジ「ほらー、人間でも動物でも魔王でも
  誠意を持って話合えばこうやって
  わかりあえ・・・」

チ「気にいったからさあ・・・
  この場で殺した後、あたしの部下にしてあげる♪
  サア・・・イッショニ、アソビマショ」

ジ「・・・やれやれ、お前俺に
  モテへんとか言うたけど
  そっちこそ嘘つく女はモテへんで」

チ「グギャアアアアアアア!!!」

ジ「ちぇ・・・はなっから本気かい!!!
  もうメンドクサイから行くでぇヤシャ!!!」

ヤ「はいな、ジンさん!!!」

---

チ「あ・・・く・・・」

(ドサッ)

ジ「かっかっか!持ってる神器は二人に預けとったけど
  無くてもコイツどうにかなったなあ!」

ヤ「やっぱウチらは最高のコンビやな!」

(ズズズズズズ・・・)

ヤ「・・・!?な、なんや・・・あの影」

ジ「屋上に逃げおったか!しゃーないなあ、もう
  お前、ここ残っとれ。ナッシュ共来たら
  上におるって伝えろや」

ヤ「あ、え、ちょ・・・待って!」

ジ「生きて帰ってくるから待っとってや!」

(ボカッ!)

ジ「あだっ!」

ヤ「んな事言うたら、死ぬフラグになるからやめてや!」

ジ「・・・バーカ、散々人生の中で
  フラグ壊しまくってきたのに
  今回も壊せないわけがねーよ、んじゃ!」

ヤ「あ・・・!
  ・・・生きて帰ってきてや」

---

影「・・・・・・・・・・・・」

ジ「なんか、おかしい思ったら黒幕の黒幕が
  おったんかい。まあ、お約束ちうやつか?」

影「・・・・・・・・・・・・」

ジ「今度ばかりは説得も無駄やろな・・・
  ちぃとばかし、お前の相手になったるわい」

(ヴォオオン・・・)

ヤ「・・・・・・・・・・・・」

ジ「!!?ヤ、ヤシャ・・・」

ヤ「お前にウチが倒せるんか?」

ジ「し、下で待っとれ言うたんに・・・
  こ、これは幻影や、間違いない」

ヤ「アンタと相方組むのも楽やないからな
  ・・・この場で、ウチに刺されて死ね」

ジ「・・・あー、もうウジウジ考えるだけ無駄や!
  まあエエわ。お前とは生涯で1勝1敗・・・
  きーっちり決着つけたるわ!!」

---

ジ「がはっ・・・」

ヤ「口だけで情けないなあ・・・
  ワガママで、無駄に型破りで、ウチの事なんか
  どうでもええ・・・そう思っとるやろ」

ジ「思ってへ・・・ん」

ヤ「嘘はアカンで、ウチはウソつきが嫌いや
  この場でアンタ殺す為に
  あのガキ船長の嘘にも耐えて
  今、この機会を手に入れたんよ」

ジ「あがっ・・・」

(カラン・・・)

ヤ「もう、こんなんもいらんよなあ
  あんたみたいなクズ殺すんに
  大事な槍なんかいらん。ほな・・・死ねや!」

(ブンッ!)

ヤ「な・・・」

ジ「・・・うん、やっぱ偽もんやったか
  どーしても、まさかヤシャが黒幕かと思っとったから
  本気も出せへんかったし、怖かったで」

ヤ「い、嫌やなアンタ・・・お・・・あたし本物やで」

ジ「ほなら、なんで槍を身に着けて無いのに
  平気でいられるんや?肌身離さず持ってへんと
  パニックでロクに会話もでけへんはずなんに
  嘘はあきまへんで、偽者の影くん♪」

(ザクッ!!)
(ヴォオオオン・・・)

ジ「「あたし」ってのも滅多に言わへんもん
  あーあ、最後の最後でボロ出てもうたなあ?
  ヤシャに乗り移ってついて来てたっての
  嘘をついても無駄やで、そこまでしてへんやろ」

影「・・・お前・・・どれ程の人の想いを背負って
  俺が国の為に尽くしてきたのかわかってるのか」

ジ「あぁ?」

影「俺は!国の事を考えて行動を起こしてきた!
  なのに、なのに・・・何故国に殺されなけりゃ
  ならないんだああああ!!!」

ジ「ははーん、大方悪いことして殺された逆恨みで
  チハちゃんに乗り移って、悪事働き始めたってとこか?
  国の事考えるんやったら、死んだ後にでも
  反省してみるぐらいは・・・」

影「貴様みたいに、お気楽に人生を生きて
  仲間を振りまわして、何の期待も
  背負って生きていない奴に何が分かるっ!!
  ぐああああああああ!!!!」

(ズガァアアアアア!!!!)

ジ「ドアホ、俺は国民全員の期待まで
  背負ってへんけどなあ・・・
  一緒に着いて来てくれた奴ら、途中で協力してくれた奴ら
  トラのおっちゃん達・・・そんな人らが
  この大バカ野郎を信じてくれとるから
  そいつらの想いは、たーっぷり背負っとるんじゃ!!
  お前みたいに、正しい事したとか思い込んで
  価値観押し付けてくるようなアホの方が
  何も背負ってへんのやあああああ!!!!!」

影「がああぁぁ・・・・・・」

(スーッ・・・)

ジ「ぜーっ、ぜーっ・・・あー、叫んでスッキリした!」

ヤ「おーい!全員合流し・・・あ、あんた
  あの黒い影、一人でぶっ潰したんか!?」

ジ「遅いねん、お前・・・えっへっへっへ・・・」

ヤ「影があんたに憑りついてるとか無いよな?
  なあ、無いよな!?」

ジ「あったら、即座にお前を連れさらって
  悪の幹部に仕立て上げとるわい」

ヤ「う・・・うっ・・・アホォ~!!!」

(バシッ!バシッ!)

ジ「痛てーよバカ!こら、やめろ!
  痛いっつってんだろーが!」

ヤ「アンタが死んだら、誰がこの先
  ディッガー運転すんねん!
  無茶ばっかしおってからに・・・!!!」

イ「あーあ、泣いてばっかりっすね
  ヤシャちゃんボロ泣きっすよ」

ナ「ゴリラもインチキな言葉を
  使ってる余裕が無くなってるよ
  でも、これで全部終わりかな」

ザ「ほら、行くぞ。あのスケベジジイの国王に
  願い事を突き付けてやる」

(パァアア・・・)

イ「・・・あ」

ナ「三日月の光が無くても大人に戻った・・・!
  やっぱり、魔王を倒したからかな?」

カ「おとぎ話のお約束、ってわけか」

ナ「なに綺麗に纏めようとしてるんだよ
  どうしようかなあ、偽勇者だって国王にばらして
  一転、英雄から大ウソツキとして晒し者にするよう
  お願いしてみようかなあ」

カ「できるもんなら、やってみろよ
  どうせそんな度胸は元々無いくせに」

ナ・カ「なんだと!!」

イ「はいはい、二人とも
  喧嘩でお姉さんを困らすんじゃないの♪」

カ「・・・イチコちゃんも
  無理して大人キャラを演じなくていいから」

イ「む、無理なんかしてないっす!!!
  大体イチは「イチコ」って名前でもないし
  元々呪いをかけられていた錬金術士で
  美人のおねーさんっすよー!」

ナ・ザ「(やっぱり、中身はアレが正しいのか)」

---

ト「このたびのお前たちの働き、誠にあっぱれじゃ!
  ワシも国を助けてもらった事に感謝しておるぞ」

ジ「とーぜん!トラのおっちゃん、俺頑張ったヨ!」

イ「うふっ、ありがとう。おじさまv」

ザ「誠意は言葉より物だ
  能書きはいいから早く褒美を寄越せジジイ」

ナ「まったくだよ、おっさん♪」

カ「ヤシャ、こいつらって
  ほんっとーにワガママでフリーダムすぎるよな
  旅の間、大変じゃなかった?」

ヤ「・・・ウチ、カイトの船で最初から航海してれば
  もうちょっとはマシになっとったんかな?」

ハ「どうかなあ、偽の英雄に手を貸したって事で
  色んな奴から秘密を暴か・・・」

(ドガッ!!バキッ!!!ゴスッ!!!ザクッ!!!!)

カ「(あと少しで嘘がつき通せるんだから
  最後ぐらい、黙っていられないのかお前は!!!)」

ヤ「(もー!ハーにいちゃん、余計な事したら・・・
  アホの愛車で轢くで)」

ジ「(・・・けど、スケベ大魔王のトウヒ・・・
  あの後、何処行ったんやろな
  終わった後、城内全部探したんにいなくなって・・・)

ユ「・・・・・・・・・」

ト「では、そなたらの願い事を聞こうとするかの
  まずは三日月の錬金術士イチ!
  呪いにめげず、よく頑張ったな」

イ「ありがとーっす!」

ト「・・・なんならワシに
  ご褒美のチューをくれても・・・」

(バキッ!)

ユ「王様、真面目にやってください」

イ「ユイちゃん、キックはダメっすよ
  おパンツ見えちゃうぞー!♪」

ト「で、では改めて・・・」

イ「困っちゃったっすねー・・・子供になる呪いを
  解いてもらうお手伝いをしてって
  頼むつもりだったっすけど・・・うー・・・
  じゃ、じゃあ・・・ウチの組織にお願いして
  もうちょっと部外者の出入りのルールを
  緩くしてもらうようお願いして欲しいっす!」

ジ「おりょ、そりゃまたどーして?」

イ「だってそうすれば、いつでも気軽に会えるよ
  またコソコソ忍びこんでナッシュくんが
  お尻を丸だしにして罠にかかる必要が無くなるでしょ?」

ナ「そこまでなってませんけど!?」

ト「あいわかった、その願い確かに聞き届けたぞ
  早速、銀の盾へ要請をしておこう
  では、次は・・・槍の戦士ヤシャ!」

ヤ「え!?」

ト「特別サービスじゃ、ふぉふぉふぉ」

ヤ「う、わ、ああああ!!王様、ありがとな
  ホンマにありがとな!!ウチのお願いは・・・」

ナ「(このタイミングで決着付けようよ)」

ジ「(ったりめーよ、ヤシャは俺と結ばれ・・・)」

ヤ「一人で行く、武者修行の旅の為の支度金と槍と食糧!!
  たっくさん用意したってや!」

ジ・ナ「え!!?!」

ナ「ちょ、ちょちょちょ!?ヤシャちゃん、どういう事!?」

ヤ「言葉の通りやで。・・・ウチもな
  今回の冒険で思ったんよ
  あんたらの強さに近付くには、まだまだ修行が必要やなって!」

ジ「おい、俺を見捨ててくんか!そりゃ殺生な!」

ヤ「見捨てるんとわけがちゃうねん!!!!
  しっかり、強うなって、みんなの元に帰ってくる!
  帰ってきたら、二人三脚でウチの愛車を運転や!!
  ほんじゃ、王様。ウチ外で待ってるから
  物用意したら直ぐ来てやー!」

(ダダダダダッ・・・)

ジ「・・・へええ、二人三脚、ね
  しっかり愛車を整備して待っとるで」

ト「ううーむ、中々強引な奴じゃな・・・」

ナ「ああああああ!!!!!!
  う、うわああああああん!!!!!
  こんなオチってありなのー!?」

ザ「ピーピー泣くな、男だろ
  ジジイ、今度は俺の番だ」

カ「だからちょっとは口を慎もうよ
  お願い事を聞いて貰えなくなるよ?」

ザ「今すぐではないが、結婚する時になったら
  国の費用で盛大に式を挙げて欲しいんだ
  とんでもなく盛りあがる物をな」

ト「うむ、しっかりと記録を残して
  他の者にも伝えておくぞよ」

ナ「ふぇええええ・・・」

ザ「・・・・・・ああ、あとコイツの願いはな
  船の新調でいいそうだ、出来るだけ質が良くて
  大人数が乗れる、大砲がたくさんついてるやつだ」

ナ「え!?」

ト「そちらも直ぐに手配しておくぞよ」

ナ「あの、ちょっと!僕のお願い事はそうじゃな・・・」

ザ「心配するな、責任は俺が取ってやる
  ・・・この先も頼むぞ、ナッシュ」

ナ「うわあああああ・・・!!!」

(ズルズル・・・)

ジ・イ「・・・まあまあ、こっちも強引だこと」

ト「では、最後に・・・モグラ乗りジン!!」

ジ「あいよ!俺はなぁ・・・」

---

(・・・チャンバの街)

ジ「うっしゃ、準備はできたでー
  ヤシャがおらん分、協力して頑張らんとな」

(口が悪いし、自分勝手だし、強引だし・・・
 お前、本当になんなんだよ)

ジ「まーまーまー、エエやないか
  いらん事考えてビクビク生きるよりマシやぞ
  銀髪ぶ・・・銀髪嘘つき野郎♪」

カ「それ、ある意味で豚野郎より酷いよな
  俺の思い出したくない過去をえぐってるよな」

ジ「さあ~?どーでしょうねえ?」

カ「ほんっとに余計な事してくれたよ、お前は
 「キャプテン・カイトが姿をくらまして
  誰も行方がわからなくなった」って嘘をつけって
  国王にお願いするとかさあ・・・
  これじゃ、自分の名前が名乗れないだろ!」

ジ「平気で名乗れるやろ
  「俺はそっくりさんで名前も一緒だ」って
  言いきってやれ」

カ「しかもさあ・・・俺とハーシバルは
  何でこの戦車に乗らなきゃいけないんだ?ん?」

ジ「気にしたら負けやで
  地下や洞窟に潜って探索するのも
  また楽しいもんやで~」

カ「だいたい、あいつが許可するわけ・・・」

ハ「この虫っぽいやつ、ダンジョンってのにいるのか?」

ジ「いーっぱいおるで~、採掘し放題ヨ!」

ハ「いやー、楽しみだな~」

カ「・・・・・・・・・・・・」

ジ「海の上で嘘つくのが苦しいっちうなら
  地下でホンマに伝説の男になったれや
 「型破り勇者ジンについてきた銀髪野郎」ってぐらいなら
  皆に広めたってもエエで
  地下にも夢やロマンは一杯あるんよ!」

カ「ロマンねえ・・・」

ジ「自分が英雄だとか、ヒーローだとか
  そんなもん気にせんでもエエねん
  ただ一個人として、旅をしたいかってだけや
  楽しい事が目の前にぶら下がっとるんやぞ
  それを目の前にしても、好奇心や冒険心が出ないんか?」

カ「・・・しょうがないなあ
  ヤシャが帰ってくるまでの間だけだぞ」

ジ「そー言いつつも、ホンマは
  あいつが帰ってきても乗りたいんとちゃうか?
  別に死ぬまで俺と旅してもエエんやで」

カ「そんな先の事まで考えてられないよ
  暫くの間、車掌に振り回される事を思うとね」

ジ「へいへい・・・ほんじゃま・・・
  魔王城のメンドクサイ魔物も倒したし・・・
  ひっさびさに、マイペースで旅すっかあ!」

ハ「しゅっぱーつ!」

ジ「・・・・・・・・・・・・
 (あの魔王も、俺が俺がってのを抑えて
 俺みたいに好き勝手に遊び倒してりゃあ・・・
 悲劇は巻き起こらんかったのになあ
 ま、俺は一生やりたいようにやって行きますかね!)」

Fin
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野球小僧monjya

Author:野球小僧monjya
駆けだし創作師です。あんな事やこんな事がたくさんですw

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。