スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワポケスタジアム捏造祭り・空族時代編用作品 その1

※この作品は、パワポケスタジアムさんで開催中の捏造祭り用の作品です
 期間中限定で公開致します、もしも作品ログ取得の際は開催期間中に・・・w
 お持ち帰りは自由です
 あ、先にユウキだけドットでのイメージ図を公開しますでs
 提供してくれた頭蓋骨くんに感謝感謝でs!
捏造祭り風ユウキ
加入までのイベントです
パリヴァールうろつき3回で仲間になりますでs

(ガタガタガタ・・・)

ユ「ここ、大分痛んでるのよね」

主「参ったな、マガツのお店で新しい部品買おうか」

(・・・マガツのお店)

主「ごめんください、ちょっと飛行艇の部品を・・・」

(ドンガラガッシャーン!)

主「わっ!?な、なんだ?」

マ「うちの店の商品が気に入らんのやったら
  使わんでもエエんやで!」

ジ「やかましわっ!買ってもすぐに壊れるせいで
  ぜーんぜん役にたたへんやないか!」

マ「お前がムチャクチャな使い方しかせえへんから
  すぐに武器が壊れるんやろが、アホ!」

ジ「アホ言う奴がアホじゃ!ボケ!」

イ「あはは~、どっちもどっちやな~
  兄貴も試作品ばっか掴ますし
  ジンも弾が無くなったら銃を投げて使うしな
  そらすぐに壊れるわ、きゃははは」

ジ「お前は黙っとかんかい!
  しょっぱい小細工もせんと
  まともに闘えんような奴が何言うてるんじゃ」

マ「その通りや、店の事ほったらかして
  ふらふらとほっつき歩いてるような
  出来そこないの妹のクセに口をはさむな」

イ「・・・だーれが出来そこないや!」

ジ・マ「お前や、お前」

イ「こんの・・・ボケナス共がっ!」

ジ「ああ~ん?!やるっちうんか!ケンカ代は高いで!」

主「あ、あの~・・・すみません
  ちょっと買い物をしたいんですが・・・」

イ「関係無いもんは、ちょっと黙っとき!
  今、このアホ共と大事な・・・
  ・・・あ、お、お客様でしたか。どうもすみません
  本日は何をお買い求めで?」

主「あの~、飛行艇の部品が欲しいんですが」

イ「はい、少々お待ち下さいね」

(コラ!お客さん来とるで!エエ加減にせんかい!」

マ「はぁ~、まったく。あのアホバイトめ」

主「なんだか凄く騒がしかったですけど・・・
  さっきケンカしていたのって誰なんですか?」

マ「ああ、アイツはジンやな
  自分の仕事がない時はウチの店でバイトしとる
  で、さっき猫かぶってたのはワシの妹のイルや
  店も手伝わんと、ジンと2人であちこちフラフラしとる」

主「そ、そうですか・・・」

マ「ま、それはさておき・・・何買うていくんや?」

---

2回目

主「ごめんくださーい」

ジ「へえへえ、いらっしゃい」

主「わっ!?」

ジ「ん、なんや。俺に文句でもあるんか?」

イ「アホ、客に睨みきかしてどないすんねん
  客商売が下手やな、アンタは
  ちゃんと、お客をもてなさんかい」

ジ「お前こそ、猫かぶってばかりのくせに・・・
  ありのままの自分で接した方が
  後々、常連になってくれた時に接客しやすいやろが」

主「漫才コンビみたいだなあ・・・」

イ・ジ「誰が漫才師や!」

主「あ、ああ、スミマセン
  あの~・・・マガツはどうしたの?」

ジ「ああ、あいつなら今、裏で武器造っとる」

イ「ですから、私達が店番をしてるんですよ」

主「そ、そうですか。じゃあ、出直してきます」

ジ「あー、ちょ~っと待たんかい♪」

主「な、なんでしょうか」

ジ「なあ、「何でも屋」を雇う気はあらへんか?
  今なら契約金のみで安くしとくさかい」

主「「何でも屋」?何それ?」

イ「せやなあ~・・・具体的にはな
  色んな奴のボディーガードやケンカの助っ人に
  各種お届け物の請負までなーんでも
  引き受けたるっちう商売やな」

主「・・・裏稼業か?」

ジ「ああ、殺しとかそういうもんはせーへんよ?
  ・・・「ちょっとだけ」危ない組織との抗争に
  助太刀したりとかはしてたで」

主「(何かあんまり関わりたくないなあ・・・)」

ジ「なんと今なら、オレの相方・イルもセットでやってくるから
  大変お得な契約には違いないで!」

イ「せや、うちはコイツより役に立つで
  ごり押しで戦うジンと違って、うちは援護が得意やからな」

ジ「なんと今なら破格の2000ペラ!さあさあ、買った買った!」

主「・・・結構です」

ジ・イ「なんでや!」

ジ「こんなに破格の値段やのに!さては・・・お前、ドケチか?」

主「違うよっ!あのさ、2人とも飛行艇持ってるの?」

ジ・イ「そんなもん、持ってるワケ無いやないか」

ジ「俺に至っては、運転できるけど既に三機壊してるで!」

イ「そーそー、コイツの運転へたっくそでな・・・」

主「じゃあ、ダメだ。俺達の飛行艇に
  あんまり人数を多く乗せる余裕はないからな
  お代はここに置いて行くよ、それじゃ」

(スタスタスタ・・・)

イ「せっかくオモロそうな奴見つけたのにな
  アイツらあちこち旅しとるんなら
  オモロイ事件に出会えそうなのになあ」

ジ「・・・」

イ「どないしたん?」

ジ「飛行艇があればエエんやろ、俺に任せとき」

---

3回目

ジ「やあやあ、これはこれはユウやないの」

主「げっ・・・ジンか。何度来てもダメだぞ」

ジ「じゃあ、聞くけどな。自分の飛行艇持ってたら
  お前らについて行ってもエエやろ?
  オモロイ事件とかの助っ人に行かせてくれれば
  お代は安くしとくで、どや?」

主「いや、まあ良いけどさ
  でも、飛行艇持ってないって言ってたじゃないか
  それとも目処が付いたのか?」

ジ「おう、そこはバッチリやがな
  ホレ、アレが俺達何でも屋の飛行艇や!」

主「へー、新しく用意したのか
  ・・・でも、どうせジンが操縦するから
  すぐ壊れるんじゃないの?」

イ「そこも心配無用や。操縦はぜーんぶコイツがやってくれるで」

ユ「・・・・・・」

主「あ、あの、君は?」

ユ「・・・ユウキです
  気が付いたらこの2人に脅されて
  オレの飛行艇に乗せる事になっちゃったんだ」

主「えっ・・・あのさ、この2人との面識は?」

ユ「さっきが初対面だよ」

ジ「どやっ!これでついて行ってもエエよな?
  本人の了承はもらっとるで♪」

イ「今更、約束を破るとかせえへんよなぁ?」

主・ユ「トホホ・・・」

(ジン達が無理やり仲間になった!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野球小僧monjya

Author:野球小僧monjya
駆けだし創作師です。あんな事やこんな事がたくさんですw

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。